Menu
 ■ ごあいさつ
< ご 挨 拶 >
明治初期、浅野兵吉が創業して2代目貝沼捨吉が貝沼家として引き継ぎ私どもで6代目となり事業を継承させて頂いております。
早、一世紀半の年月を経過していますし感慨深いものが有ります。
継続は力なりと申しますが、創業・会社設立とこの一世紀半の時の間には計り知れない苦労と分かち合ってきた喜びが有ったのだろうと思います。
バブル崩壊後日本の経済は落胆の日々が続いてきました、しかしやはり日本人は強い!
アベノミクスが成功となるのか否かは別として、2020年には2度目の東京オリンピックが開催されますし、開催を勝ち取るには相当の努力をされたと思います。経済再生に夢を持ち駆け上がろうとしている国民、これが日本の力だと私は思いたい。バブル以前にも素晴らしい高度経済成長が有ったと思います、残念ながら私は勿論の事ですが成長期とバブル期は会社社長では無かったので裕福な会社運営を理解出来ませんが・・・
不景気でも必ず何処かに光は有ると思います、私は信じます。その光を追いかけ・見つけて自社の進む方向性を探し進んでいきたいと思います。
一世紀半の信用を基に崩すことなく「一段と信頼される会社」「付き合いたいと言われる会社」を目指して歴史を大切にして新しい考えを取り入れ躍進していきたいと思います。
強い日本と強い会社になる事を目指して!
今後とも宜しくお願い致します。
株式会社 飼沼
代表取締役社長 飼沼 茂浩
 〜 心を落ち着かせると共に、日頃心掛ける言葉 〜
 《 漢 学 文 》 
いうことなかれ  こんにちまなばずとも  らいじつありと 
勿謂今日不学而有来日
いうことなかれ  こんねんまなばずとも  らいねんありと 
勿謂今年不学而有来年
じつげつ  ゆきぬ  とし  われとのびず
日月逝矣歳不我延
ああ  おいぬ  これたれのあやまちぞや
嗚呼老矣是誰来之愆
勧学文の意訳
 言ってはならない。今日勉強しなくても、明日があるからいいわ と言ってはならない。  今年勉強しなくても、来年があるからいいわ と月日はどんどん過ぎていってしまう。  しかし、歳は自分の気持ちと同じようには延びてはくれない。  あ〜あ歳をとってしまった。 これは誰の過ちであろうか。誰の過ちでもない。  自分自身が明日あるから、来年あるからと延ばしてきたあやまりである。
(朱憙より)
追伸:
 上記漢学文は、私が平成12年度小学校のPTA会長をさせていただいた時の校長先生が全校生徒に暗記をさせたもので、今でも生徒の脳裏に焼き付いていると思います。
日頃解かっているもののなかなか実行出来ないことですし、私自身も大変心が洗われました。
今後も社内生活においても、社員に浸透させていきたいと思います。